ホーム バドミントントレーニング
バドミントン鍛錬棒 鉄牛2.0
送料無料キャンペーン実施中!!


・鉄牛2.0はラケット代わりに素振り練習が行える画期的なトレーニンググッズです。
・指、手首、前腕、二頭筋、三頭筋、肩のインナーマッスルが鍛えられ、グリップ力&各ショットのスピードアップに効果があります。
・場所を選ばずトレーニングが可能、コンパクトで持ち運びにも便利です。


バドミントントレーニングの基本となるのが素振りです。しかし素振りを行うにはラケットが必要となる事や場所の問題等があり、いつでも練習できるとは限りません。またショットのスピードアップにはラケットのみのトレーニングでは不十分です。

鉄牛2.0はラケットグリップサイズ。僅かなスペースでトレーニングが可能となりました。また先端に水を入れたペットボトルを取り付ける事により、ラケットより重い状態を作り出す事によりグリップ力や各スイングのスピードアップに効果があります。ペットボトルの大きさや水の量によって自由に重さが変えられますのでプレーヤーのレベルに応じたトレーニングが可能となります。


製品特長

.灰鵐僖トなサイズで持ち運びも楽々!練習場所を選びません。



⊃А垢淵汽ぅ困離撻奪肇椒肇襪鮖箸┐襪らプレーヤーのレベルに応じた負荷が自由自在に作り出せます。



スカッシュや他のラケットスポーツのトレーニングにも利用できます。

商品詳細
グリップカラーは2色(ブルー、ライトグリーン) パッキン(2個)付属
使用方法も簡単。製品に付属のパッキンを取り付け、水を入れたペットボトルに締め込むだけ
鉄牛2.0を利用して効果的なトレーニングを

効果的にトレーニングを行うには普段利用しているラケットよりも軽い状態、重い状態を作り出しそれらを交互に行うことが大切です。

鉄牛2.0の本体は約80グラム。何も付けない状態だとラケットより少し軽い状態となります。1日目は水を入れた鉄牛2.0、2日目は何もつけていない本体のみの状態、これを1セットとして素振り練習をすると効果的にトレーニングを行うことが出来ます。

使用上の注意

※水量はプレーヤーのレベルに応じて調節して下さい。特にジュニア期のお子様は普段使用しているラケットより少し重いくらいの重量でトレーニングを実施してください。

※普段使用しているラケットより軽い重量での素振りと交互に行うことでより高いトレーニング効果を得る事が出来ます。

※水漏れを起こさないよう確実に締め込んで下さい(締め込みすぎに注意)。

※周囲の安全を十分に御確認できる場所で使用して下さい。

製品サイズ:19×3.2×3.2(cm) 重量:80g

今までに頂いた質問をまとめてみました。

鉄牛FAQ


Q.どれくらいの頻度と重さでトレーニングしたらいいでしょうか?

A.トレーニングは無理のない回数と負荷で始め、体力に合わせて徐々に負荷を上げて下さい。特にジュニア期のお子様は普段使用しているラケットより、少し重いくらいの重量でトレーニングしてください。素振り練習はフォーム固めた上でのスイングスピードの向上が第一の目的です。フォームを崩さずに振れる重さと回数を選択してください。最初はゆっくりでいいので正しいフォームを意識して素振りをしてください。手や肩に力の入ったフォームはかえって逆効果となります。鉄牛での素振りが終わったら必ず普段使用しているラケットまたは鉄牛のボトルを外した軽い負荷での素振りを同程度行って下さい。重たい鉄牛を振っていると、振るスイングスピードに体が馴れてしまい、速くラケットを振るという感覚を体が忘れてしまいます。軽い負荷での素振りを並行して行うことによって速くラケットを振る感覚が身に付きます。それによりスイングスピードを速くするために必要な、神経系を発達させる事が可能です。鉄牛で鍛えた筋力を生かすためにも重い負荷と軽い負荷を交互にトレーニングを行ってください。 Q.手に汗をかいてくると鉄牛がすっぽ抜けそうです。

A.最初はラケット用のグリップテープを巻いてご使用になる事をお薦めします。慣れて来たらグリップ力強化のトレーニングにもなるのでテープを外して試してみてくださいね。


Q.鉄牛からペットボトルが抜けてしまうことはないでしょうか?

A.鉄牛の中空構造とパッキンの作用がペットボトルを内部から引っ張る力を生み出します。これにより、しっかりとペットボトルを保持する事が可能です。
*ペットボトルを装着する際、必要以上に鉄牛を強くねじ込む事は損傷の原因となる場合があります。

Q.利き手のみが太くなりそう

A.利き手側の筋肉が発達してしまうのがラケットスポーツの特徴ですが、両方の手足をバランスよくトレーニングすることによってスキルが向上するという考え方もあります。野球の話になりますが、メジャーのダルビッシュ投手も積極的に左投げをトレーニングに組み入れているようです。


Q.手・肩・肘を痛めませんか?

A.どのようなトレーニングもそうですが、重すぎる負荷は故障の原因となります。正しいフォームで行える適切な負荷を選択してください。全力ではなく、ある程度リラックスした状態で行うことが出来る負荷を選択することが、肩やその他の部位の柔軟性向上にもつながります。

Q.鉄牛では素振りトレーニングしか出来ないの?

A.沢山の筋トレメニューがあり、鉄牛を利用した全身のトレーニングが可能です。専用ページで紹介していきますのでお楽しみに!

Q.使えるペットボトルの大きさはどれくらいですか?

A.2Lのペットボトルに水を入れて振ってみましたが大丈夫でした。厚さが様々なポットボトルがありますので、丈夫なものを選んでください。また使用頻度や環境等によって鉄牛&ボトル両方の耐久性も変わってきますのでご注意下さい。



クレジットカード(PayPal)
銀行振込
ゆうちょ振替
商品代引き(ゆうパック)
日本郵便(ゆうパック)
送料無料
一部商品は送料無料となります。